気軽に健康チェックできると話題の血管老化偏差値とは?

血管老化について 画像

 

健康マニアの方々の間で、最近話題となっているものの一つに、
動脈硬化や血管の老化の状態について確認することのできる、
血管年齢を測定する機械があります。

 

トレーニングジムや健康センターなどで置かれていて、
自由に使うことができるという場所も多いようです。

 

そのような血管年齢を測る機械では、
血管偏差値というものをはかることができます。

 

血管老化偏差値とは、どのようなものでしょうか?

 

今回この記事では、血管老化偏差値とは何か?
その血管偏差値が表しているものとは何か?ということについて、
調べてまとめてみました。

 

血管年齢を定期的に測定したい!チェックしたい!という方は、
ぜひ参考にしてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

血管老化偏差値とは?

 

血管老化について 画像

 

血管老化偏差値というのは、血管年齢を測定する機械で
簡単に見ることができます。

 

血管老化偏差値とは、つまりスコアのことですが、
全部で7つのランクに分けられます。

 

血管老化偏差値は、偏差値dvという、
英語から取った単位を用いています。

 

いわゆる学力偏差値とは異なり、血管老化偏差値とは
数値が低ければ低いほど、健康で良い結果ということを表します。

 

それで、血管老化偏差値が20点未満という結果が出た方は、
血管年齢が非常に若く、しなやかさのある血管を保っている、
ということを表しています。

 

ランクごとの血管老化偏差値とは?

 

血管老化について 画像

 

血管老化偏差値とは、7つのランクに分けることができますが、
具体的にはどのようなランク分けなのでしょうか?

 

偏差値dvが20点未満はランク1、35点未満から20点以上がランク2、
40点未満から35点以上がランク3、といった感じで、
15点区切りでランク分けされていることが多いんです。

 

例えば、血管老化偏差値43であれば、ランクは4です。
偏差値43が含まれるランク4は、平均的な結果です。

 

70点以上の偏差値が表すランク7は最悪の状態で、
血管の老化の進行度が非常に高く、血管もしなやかさを
著しく失っているということを表します。

 

ランク5を超えると、
生活習慣病などの原因を探る必要性が出てきます。

 

定期的に血管老化偏差値をチェックしよう

 

血管老化について 画像

 

自分の血管がどれくらい老化しているのかを簡単にチェックできる
血管老化偏差値を知るということは、とても大切です。

 

定期的に血管老化偏差値をチェックすることで、
自分の体調の変化や老化に早く気づくことができます。

 

そのようにして、早期発見早期治療を心がけることで、
いつまでも元気で過ごしたいものですね。