生活習慣で変わる血管年齢とは?

血管若返りコラム 画像

 

私達の身体の血管には年齢があり、生活習慣や様々な要因で若いのに
血管年齢が老化している人が増えています。

 

血管年齢と健康は深い結び付きがあり、血管が若々しい方は
いつまでも元気で人生を長く楽しんでいる方が多いです。

 

血管について正しく知れば病気の予防に繋がったり
意識して健康な状態をキープできるそうです。

 

 

血管年齢とは何ですか?

 

血管若返りコラム 画像

 

血管年齢とは、一言で簡単に説明すると血管の柔らかさのことで
弾力があり、柔らかい血管は若くて健康的だと言われています。

 

若い10代の頃の血管は柔らかくて弾力があり、脂っこい食事を
大量に摂取しても血管にコレステロールが付着することがなく
いくらでも食べられます。

 

40代差し掛かると、生活習慣によりますが次第に血管は固く弾力が
無くなってきて脂が付着しやすく、血管の幅が狭まったり
詰まってしまうこともあります。

 

実際に血管が詰まってしまうと、血管が詰まる場所によっては
脳梗塞心筋梗塞など緊急で命にかかわる事態も起こります。

 

 

血管年齢は調べるには自宅がいいのか?病院がいいのか?

 

自宅で血管年齢を調べる場合

自宅で血管年齢を調べる場合は、血圧計があれば可能ですが

血管若返りコラム 画像


毎日同じ時間、ある程度長い期間血圧を測り続けた数値を元に
計算して割り出します。

 

測定方法や、素人で慣れない場合は正確な数値が出ないので
できることなら病院にかかるのがお勧めです。

 

 

病院で血管年齢を調べる場合

病院で血管年齢を調べる場合は、専用の機械が必要なので病院によっては
検査を行っていない場所もあります。

 

検査の方法は大きく分けて2種類あり、動脈の固さをはかるCAVI検査
末端の血流の速さを調べる検査があり、費用もまちまちです。

 

末端の血流の速さを調べる検査は、とても簡単で費用も安く医療機関で
差がありますが保険適用3割負担で千円しないくらいです。

 

血管若返りコラム 画像

 

動脈の固さをはかるCAVI検査は、病院によっては本格的な機械に体全体で
入ったり、簡単な方法でやる医療機関では手足に機械を取り付けて
計るのですが、価格の幅が大きいです。

 

1000〜5000円の間が相場なので、どのような検査をするのか?
費用がどれくらいかかるのかは、あらかじめ病院に直接電話をかけて
調べるのがお勧めです。

 

 

血管年齢を調べるメリット

 

血管若返りコラム 画像

自分の血管年齢を知っておけば、食習慣に気をつけたり血管のために
良いことを努力することができます。

 

これからより健康で生きていくために血管年齢を
知っておくことはとても大切です。