コーヒーを飲んで血管年齢を若くしよう

血中コレステロール 画像

血管年齢を若くするには、最適な飲み物も多くありまして

コーヒーもその一つです。

 

嗜好品のコーヒーのどのような成分が血管に良い効果を
もたらすのでしょうか?

 

海外ではコーヒーを使った実験や事例が多く発表されています。
1日にどれくらい飲んだらいいのでしょうか?

 

 

コーヒーに含まれる血管に良い成分とは?

 

コーヒーの中には、ポリフェノールが豊富に含まれこのポリフェノールが
高血圧に効果的だと海外でも高く評価されています。

 

血中コレステロール 画像

コーヒーを1日に1、2杯飲む方は全く飲まない人と比べてみると

血管の弾力が倍近く違いました。

 

同じような実験でコーヒーを1日に3杯以上飲む方と
全く飲まない方を調べると血管の弾力は5倍も違ってくるそうです。

 

この実験は実際にギリシャで行われた事件で実験に使われたコーヒーは
かなり濃いエスプレッソを使用しているそうです。

 

ここまでコーヒーを飲む必要はありませんが、日本人の場合は
1日に1、2杯飲むだけで血管に良い効果をもたらすそうなので試してみましょう。

 

コーヒーに含まれるフラボノイドも血栓を防ぐのに効果的だそうです。

 

また、コーヒーを飲む時は多くの人がリラックスしてゆったりとした
休憩のために服用することが多いので、楽しく飲むのも効果的です。

 

どんなにコーヒーを飲んでいたとしても、脂っこい食事味付けの濃い食事を
摂っていては意味がないので食事にも気をつける必要があります。

 

 

コーヒー以外の血管を強くする飲み物

 

コーヒーが体に良いとわかっていても苦手だと感じる人はいますよね。

 

コーヒーと同じような成分で、赤ワイン、ココアにも
ポリフェノールが豊富に含まれています。

 

最近では、アルコールを抜いた赤ワインが健康のために売り出されているので
昼食の時にノンアルコールの赤ワインを飲むのもいいですよ。

 

血管若返りコラム 画像

 

ノンアルコールの赤ワインは普通のリカーショップに安い値段で
売られているので手に入りやすいです。

 

ココアは生クリームや、砂糖が大量に入っているので飲む量を調節したり
自分で手作りするといいです。

 

購入する時もココアに含まれる砂糖や、カロリーを
気をつけながら選ぶといいでしょう。

 

ブドウのジュースもポリフェノールが豊富ですが
思いのほか砂糖が多く入っているので、健康のために
毎日飲むべきではないと思います。

 

あまり知られていませんが、ジュースに含まれる果糖は塩よりも
血圧を上げるといわれていて、心臓にも血管にもよくないので注意が必要です。

 

極力塩分や、砂糖が入っていない飲み物でポリフェノールが
豊富な物が血管には最適です。