セルフでも病院でも行える、血管老化度チェックを定期的に行おう

血管老化について 画像

 

早期発見や早期治療は、いつまでも元気に若々しく過ごしたい
という方の間で、もはや常識とも言えることです。

 

血管老化や動脈硬化の具合についてチェックすることができる、
血管老化度チェックに、最近注目が集まっています。

 

血管老化度チェック

 

血管老化について 画像

 

定期的にそのような血管老化度チェックをすることで、
動脈硬化が始まりかけているサインや兆候を見逃さずに、
治療することができるので、とても効果的なんです。

 

血管老化度チェックは、スポーツジムや役所などに置かれている
血管老化度測定の機械でも、行うことができます。

 

さらに、循環器系の病院やクリニックでは
血管老化度検査というものを受けることが出来ます。

 

また、セルフチェックとして血管老化度の
チェックリストなどが準備されていますので、
ご自分に合った方法で定期的にチェックしましょう。

 

今回この記事では、セルフで、病院で、ジムや役所などで
機械を使って行うことのできる、
血管老化度チェックについて調べて、まとめてみました。

 

いつまでも元気で若々しく過ごしたい、
自分の体調は自分で管理したい、という方は、
ぜひ参考にしてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

血管老化度チェック

 

血管老化について 画像

 

血管老化度測定

 

血管の老化度を測定するための機械が、スポーツジムや役所などに
置かれていることがあります。

 

それらを自由に使うことができる場所も多いので、
是非見かけた際にはチェックしてみてくださいね。

 

それらでは、血管老化偏差値という数値を知ることができます。

 

自分の血管の老化速度は平均よりも速いのか遅いのか、
現在自分の血管はしなやかさを保っているのか、
硬くなりつつあるのかといったことを知ることができます。

 

血管老化度検査

 

血圧脈波検査やABI検査、PWV検査といった検査は
血管老化度検査と言われており、
クリニックで受けることができます。

 

高血圧や糖尿病の方は、定期的に受けることが、
特におすすめされている検査です。

 

血管老化の第一症状ととされている
動脈の内側の脂肪のつき方などを、チェックすることができます。

 

セルフチェック

 

インターネットや本などで、
血管老化度チェックを自分で行うことも出来ます。

 

それらの本やサイトには、症状のチェックリストが
載せられていると思います。

 

思い当たる自覚症状がチェックリストにないかどうかを
定期的にチェックし、気になった時には
クリニックに行くというのも良い方法です。