血管を強くする運動

血管年齢に気を付けて食事をしたり運動を始める人が増えています。

 

血管若返りコラム 画像

 

運動をする場合、血管に効果的で毎日できる簡単な運動は
どんなものがあるのでしょうか?

 

実際に効果が確認できている運動方法や、注意点などを調べてみました。

 

 

呼吸法に気をつけて血管を強くしよう

 

血管を強くするための運動とは?と、血管目線で運動方法を
考えてみると難しく思えます。

 

血管はタンパク質で出来ていて、中は血液が絶えまなく流れていて
酸素や栄養が運ばれているので運動することでメリハリをつけるといいです。

 

血中コレステロール 画像

運動だからと言って、何かを特別に始めなくても

呼吸法だけでも効果があるんですよ。

 

激しい運動をした後は、私たちの心臓はドクドクと
いつもより早く脈打ちますよね?
運動と血管が強くなる結びつきはここがポイントです。

 

運動することによって血管がひろがり、血のめぐりが良くなるので
血管に圧力がかからなくなります。

 

定期的に運動していれば血管に変な負担がかからないので
健康維持に役立ち、脂や不純物が血管に付きにくくなります。

 

深呼吸を繰り返したり、意識的に腹式呼吸をするだけで
運動していることと同じような効果が得られます。

 

呼吸法を意識するだけで血管が若くなるなら、
今からすぐにでも試してみたいですよね。

 

運動も呼吸法も、意識しなが毎日続けないと
効果が表れないのでコツコツ続けましょう。

 

 

楽しく運動して血管を強くしてみよう

 

血管若返りコラム 画像

 

血管年齢は、ストレスを感じると良くないという事が分っています。

 

運動する場合は、キツくなくて楽しい、気持ち良いと思えるくらいの
適度な運動を毎日繰り返すのが効果的なんですよ。

 

実際に継続してバレーボールや、テニスなどの運動を
趣味で長く続けられている方は、血管年齢が同年代の
運動していない方よりもはるかに若いです。

 

今日からでも遅くないので、軽い運動から少しずつ継続して
続けていくと健康維持につながります。

 

基本的な全身運動はウォーキングですが、趣味で水泳をされている方は
そのまま続けられてください。

 

血管若返りコラム 画像

 

水泳はひざや腰に負担がかからないので、足腰が弱い方
体重が少し重い方に最適な運動です。
水の浮力も心を軽くするので理想的です。

 

自宅でできる簡単な運動は、かかと上げ、もも上げがお勧めです。

 

テレビを見ながらするよりも、数分間意識を筋肉の動きに集中して
毎日2分間とか目標を決めてからかかと上げなどを行うと良いですよ。

 

どんな運動するときも、呼吸が大切なので大きく息をして
息を止めないように、気持ちよく楽しく続けるのがポイントです。